農家ハンターとは

INTRODUCTION

もう、農業やめようて思うとたい...
2016年2月16日、収穫日前のデコポンをイノシシに食いつくされた農家のおばちゃんの、この一言がはじまりでした。 今、イノシシによる農作物被害は、離農につながる深刻な事態となっています。
その上この20年でイノシシの個体数は約3倍に増えているにもかかわらず、それを駆除できる狩猟者は半減しており、問題解決の糸口すら見えません。
さらに里山に下りてきたイノシシによる人身被害や車両との衝突事故は後を絶たず、住民の日常生活を脅かす事態となっています。
  • イノシシに食い荒らされたデコポン

    イノシシに食い荒らされたデコポン

  • デコポン農家のおばちゃん

    デコポン農家のおばちゃん

地域と畑を守るために立ち上がった有志たち

地域と畑を守るために立ち上がった有志たち

  • キックオフ・ミーティング 勉強会

    キックオフ・ミーティング 勉強会

  • 箱罠を仕掛ける様子

    箱罠を仕掛ける様子

自分たちの地域と畑は自分たちで守る!
しかし、イノシシの被害に嘆いているばかりでは何も変わりません。
そこで、地域を災害から守る消防団活動のように、鳥獣被害から地域を守ることを目指して、若手農家によるイノシシ対策の活動を始めるに至りました。
これが「くまもと☆農家ハンター」の結成・活動のきっかけです。

ここがポイント!

25~40歳の若い農家で組織
「イノシシ対策を通じて地域の担い手を作る目的」と「自衛の必要さ」から、メンバーは「農家」に限定しています。
自ら立ち上がった有志
被害の有無にかかわらず、地域と畑を守るために活動に参加し、無償で伝播します。日々仲間と切磋琢磨しながらイノシシ対策を行っています。
全員がイノシシ対策のプレーヤー
現場に行かないイノシシ対策はありえません。全員が汗をかき、学び、罠を巧みに扱うプレイヤーです。
足跡

活動の目的

OUR MISSIONS

私たちは「イノシシ被害による離農ゼロ」を目指します。

イノシシ対策を何もしなければ

イノシシ対策を何もしなければ

イノシシ対策に若い農家が立ち上がれば

イノシシ対策に若い農家が立ち上がれば

私たち農家ハンターは、イノシシ対策の活動を行うことで

  • 1
    地域から頼りにされる
    農家を育てます

    住民のイノシシ話30秒記録(YouTube)

  • 2
    成功も失敗体験も共有しながら
    切磋琢磨します
    成功も失敗体験も共有しながら切磋琢磨します
  • 3
    品目・エリアを超えた
    真の仲間作りの場になると考えています
    品目・エリアを超えた真の仲間作りの場になると考えています
2017年10月の熊本日日新聞に
活動紹介記事が掲載されました!
2017年10月の熊本日日新聞に活動紹介記事が掲載されました!

イノシシという「厄介者」を「自然の恵み」に転換する仕組みをつくることで、若手農家同士や地域内の交流も深まる。言わば「イノシシを介したコミュニケーションの活性化」だ。
宮川さんは「若手農家によるイノシシ駆除の熊本モデルを作って全国に広げ、耕作放棄地の減少につなげたい」と意気込む。(植山 茂)

熊本日日新聞の記事より一部抜粋

足跡

農家ハンターのゴール

OUR GOALS

01
ICTを取り入れた効率的&好循環なイノシシ対策モデルを作ります!
02
駆除活動が農家の所得向上に繋がる仕組みを作り、全国に波及させます!
03
被害に苦しむ地域の希望の星☆となり、イノシシ被害による離農ゼロを目指します!
農家ハンターが描くイノシシとの未来図

公的機関

  • イノシシの個体数が増加の一途から安定〜減少傾向になりました!
  • 全国でこれだけ多くの農家さんが狩猟の担い手になり驚いています!
  • 畑と地域を守る!農家自体が立ち 上がっていることに意味があります!

地域住民

  • あの頃はイノシシがどれだけ増えるか、とても心配だったよね。
  • 民家まで下りてこなくなったから子どもの通学も一安心。
  • これでまた昔みたいに安心して農業ができるよ!

飲食店

  • 農家ハンターのイノシシは等級がちゃんとあって当たりはずれがないね!
  • 鉄砲玉残りの心配がなく、血抜きと冷凍流通でいつでもおいしい!
  • 鳥獣対策を応援しているストーリーが顧客にも受けています!

若い農家

  • 農家ハンターで品目、地域を超えた仲間がたくさんできた!
  • 地域の人に喜ばれるうえ副収入も得られてサイコー!
  • 被害が減って農業の生産意欲が高まった!