活動ブログ

BLOG

2019.06.19

【えづけSTOP!実践塾】@熊本に参加しませんか?

【えづけSTOP!実践塾】

こんにちは、農家ハンターの猪上です‼

地域の実態に沿って えづけSTOP!対策を実践できる 人材を
全5回の講座で育成する「えづけSTOP!実践塾」。

その第1回目6/20(あさぎり町)6/21(玉名市)の2日間
くまもと☆農家ハンター プロジェクトリーダーの稲が講師として登壇します。

しかも、みっちり60分!

稲葉はプロジェクトリーダーとして研究者の方々の意見を
実際の現場で取り入れ日々 試行錯誤を重ねることで、
実践経験に裏付けされた地に足のついた知識がとても豊富です。

私も熊本へ来てから近くで勉強させて頂いてるのですが、
身になる情報ばかりで まさに現場の鬼です。

この60分間もこれから対策を行っていく方々にとって
大変役立つ情報が盛り沢山な60分になること請け合いです。

かく言う私もこれから対策を実践していく身として
60分に凝縮された公演を実は聞いてみたかったりします。

今日6月19日まで申込み受付中です。
ご興味のある方はくまもと☆農家ハンターのフェイスブックより
メッセージください!!
・受講希望日:6/20 または 6/21
・場所:あさぎり町 または 玉名市
・受講科目:座学と現場実習 どちらか または どちらも
      (座学9:30~12:00、現場実習13:30~16:30)

https://www.facebook.com/kumamotofarmerswildboar/

農家ハンター稲葉講師

農家ハンター稲葉 仲谷淳先生とイノシシ対策

農家ハンター稲葉 餌付けストップ講師します

農家ハンター稲葉 受講受付中

この記事をシェアする

2019.06.18

猪上君【実は効果の薄い○○】

こんにちは、農家ハンターの猪上です‼

ここの所、学習の方が追いつかず何処かで聞いたことのある事ばかり
投稿してきているのですが、今日も聞いた事があるかもしれません。
ご存知だったらすみません。今日はズバリ、毛髪の防除効果です。

毛髪つまり人の毛です。
皆さんの周りにも毛髪で畑を守ろうとしている方がいらっしゃいませんか?
農家ハンターの写真ファイルを見ていたら たまたま↓の写真を見つけて
気になったので今日のテーマにしました。

この防除方法をはじめて見たのは千葉県で↓の写真よりアフロのような形で
等間隔に防護柵に吊るしてありました。
千葉だけでなく遠い熊本の地でも同じことをしている人がいるということは
結構皆さんやられる対策のようなので取り上げてみました。

この防除方法 効きそうで実はかなり効果が薄いことが千葉県の農家さんを
見ていてわかりました。
その方は、はじめ毛髪を吊るすも2.3日で防護柵を破られ、次に毛髪を焚いて
嫌な匂いを出すも破られていました。
結局、トタンと金網で作られていた柵を電柵にすることでようやく被害がおさまり、
「はじめから電柵を張ればよかった」と話していました。

焚いた後の毛髪の方は意外と効果がありそうな匂いだったのですが、
本能に訴えかけるような対策では効果は数日単位でしか持続しないのが現実ですね。

以上、農家ハンターの猪上でした。

イノシシ対策 毛髪1

イノシシ対策 毛髪2

イノシシ対策 毛髪3

この記事をシェアする

2019.06.17

猪上君【イノシシは雑食性でも、、】

【イノシシは雑食性でも、、】

こんにちは、農家ハンターの猪上です

雑食性と言われるイノシシですが、実際は
そうでもなさそうな事例を見つけたのでご紹介します。
冬場の九州で捕獲されたイノシシを50頭ほど、
何を食べているのか調査を行ったそうです。
その結果はほとんどが植物質であり動物質のミミズなどは
僅か数%しか確認されず、植物質の中でもとりわけ根などの
地中にあるモノの割合が高かったそうです。

雑食と言われるイノシシでも実際は植物質のモノを好み、
印象通りイノシシはイモなどが好物みたいですね。

ところで、好物だからと言って箱罠のエサにイモを入れるのは
あまり効果がないようです。
何人かの猟師さんから土の中のイモは好きでも外にあるイモは
警戒するという話しを聞いたことがあります。
やはり、賢いイノシシ 捕獲ともなると一筋縄ではいかないみたいです。

農家ハンター イノシシさん

この記事をシェアする

2019.06.16

猪上君【イノシシの泥浴び(ヌタウチ)】

【イノシシの泥浴び(ヌタウチ)】

こんにちは、農家ハンターの猪上です‼

今日はイノシシの泥浴び🐗についてです!!

イノシシのいる地域では山や水田などでよくイノシシの体が
入りそうな楕円形のくぼみを見かけることができます。
これはヌタバといってイノシシが泥浴びを行った場所です。
農家ハンターを応援してくれてる方の多くは
ご存知かもしれません。

ヌタバは夏の暑い時期には頻繁に見られ、汗腺がなく
汗をかけないイノシシが乾きにくい泥を使って体を冷すためや
ダニなどの寄生虫を落とすため に行われると考えられています。個人的にはあれだけ剛毛だと、落としきれない寄生虫も多そうなので、主には体温調節のためではと思っています。ただ、冬場の寒い時期でもヌタバに張った氷❄️を割ってまで行われるようなので他にも理由がありそうです。

熊本では梅雨入りしたばかりですが明けてからいよいよ
本格的な夏。
夏のニガテなイノシシの泥浴びが8月頃から活発に行われそうです。
なるべくなら、水田や畑以外の山奥でお願いしたいですが、、


この記事をシェアする

2019.06.15

猪上君【イノシシのお肉は本当に硬い?】

【イノシシのお肉は本当に硬い?】

こんにちは、農家ハンターの猪上です

今回は、硬いと言われるイノシシのお肉🍖についてです。
あまり知られていない気がしますが、実は煮ると
柔らかいというのが一部の地域では通説だったりします。
実際どうなのか?

ブタとイノシシのお肉を比較した実験を見つけましたので
ご紹介します。
それぞれの赤身肉(1cm2)を400mlの熱湯(100℃)で
1分間加熱し比較しました。
するとブタ赤身肉は加熱後 約5.4倍の硬さになったのに対し、
イノシシ赤身肉には3.9倍の硬さになったそうです。
よって、煮込んでも硬くなりにくいという結果になっています。

イノシシのお肉はよく臭い硬いと思われてしまいますが、
実はそれはイメージでしかないのかもしれません。

実際に確認したいという方は農家ハンターSHOPでも
販売しておりますので、是非 ご活用下さいませ↓

https://www.rakuten.co.jp/hunter/

農家ハンターSHOP

この記事をシェアする

カテゴリー
アーカイブ