活動ブログ

BLOG

2016.08.16

女子メンバーがイノシシと接触事故に!

 

農家ハンター女子メンバーの米ちゃんが、まだ日の明るい

時間にもかかわらず、飛び出してきたイノシシと接触しました。

 

ドライブレコーダーの記録にはドゴッという音と

キャー という声が見事に残されていました。

 

 

動画はこちら

DA38D32C-08E6-48D8-A019-1D48FD506F11

 

本人は接触後、イノシシが何事もなかったように山に帰っていく姿を

見て安心していましたが、本当怖いですね。

 

人もですが、イノシシさんもどうぞご注意を!

この記事をシェアする

2016.04.17

熊本地震 物資お手伝い

2016年4月14日(木)午後9時26分前震

4月16日(土)午前1時25分本震

 

第1回農家ハンターキックオフミーティングを4日前に

行ったばかりでした。

 

大きな被害にあったメンバーもたくさんいました。

被害が少なかったメンバーは自分たちにできること、

お水を配るお手伝いをしました。

 

5月に予定していた第2回ミーティングは延期することになりました。

この記事をシェアする

2016.04.09

農家ハンターキックオフミーティング ジビエ交流会

本気の座談会のあとは、ジビエ料理を囲んだ交流会を行いました。

まずはみんなで手を合わせて、いただきます!

*イノシシ汁、イノシシカツ、イノシシソテー てんこ盛りです!

 

美味しいイノシシ料理を調理してくださったのは

くまもとジビエ研究会のメンバーでもあるダイニング善の森井シェフ

イノシシの言葉ひとつで集まった農家仲間。もちろん初対面も。

みんなで自己紹介と熱い思いを語りました。

 

地域課題になっているイノシシ対策、「私たちが立ち上がろう!」

笑顔と共に夜は更けていきました。

この記事をシェアする

2016.04.09

農家ハンターキックオフミーティングを開催しました

増え続ける鳥獣被害。イノシシによる農作物被害は年々深刻になっています。

 

そこで「イノシシ」について本気でみんなで考えよう、そんな気持ちで

下記メッセージと共に農家仲間に声掛けをしました。

 

すると、なんと25名もの若手農家が参加してくれたのです。

何より驚いたのはその中で鳥獣被害を実際に受けているのは2名だった事。

 

ほとんどのメンバーは地域の困りごとを何とかしたい!

そう思って参加してくれていたのでした。

 

 

熊本県和水町「肥後民家村」の古民家で座を組み、想いを共有する事から始まりました。

 

 

 

この記事をシェアする

2016.02.15

「農家ハンター」を着想

「農業をもうやめようと思うとたい、、、」
収穫目前のデコポンを食い尽くされた農家のおばちゃん
続けて
「道の駅などに出荷をすることを楽しみにしていたが
イノシシがいると思うと畑に行くのも恐ろしか」
と話した
実際、宮川の住む三角町はこれまでいなかったイノシシがここ数年で激増
それに伴い被害に悩む農家も増えていることを知る
また、イノシシを退治するには体力も必要であること、
幸か不幸か農家は自分たちの畑が餌場になることなどから
イノシシ被害を減らすためには若い農家による対策が必要!求められる!
 ⇒「農家ハンター」を着想する
デコポンを収穫前夜に食べられた農家さんは実
プロジェクトリーダー稲葉さんのご両親

この記事をシェアする

カテゴリー
アーカイブ